豚もおだてりゃナントヤラ

「私、あなたの事見て独身だと思ったわ~」

冗談でも、うれしい。

この方一人だけではなかったようで、隣の方も、同じように私のことを見ていたようだ。

ということは冗談やお世辞でもないようだ。

「いやだあわ~!、私なんておばさんなんだからあ~!だって私34にもなる息子いるんですからあ~」

「うっそおおお!見えないわあ~、そんな年のお子さんがいるなんて」

いやいやいや、、この日はずっと、ハイテンション。

ぐふふふ、、何かうれしい、やっぱ、年より若く見られるのは、決して悪くない。

でもその後の一言

「やっぱり小柄な人って、若く見られるのよねえ」

さいですか。

よくよく考えれば、確かにいつも年齢相応にみられたことはあまりない。

お決まりの言葉。

「小柄な人って若く見られるよねえ」

小学生の時は、幼稚園児、

中学生の時は、小学生。

高校生の時は、中学生。

なんだよねえ、、結局は背が低いから、背の低さで年齢を決められていた。

顔、と言うより背格好。

じゃあ何かい?

喜んでいいのか?現実を直視すべきなのか?

いくらなんでも、顔のシワとかその他色々、まかり間違っても2,30代のソレではあるまい。

豚もおだてりゃハイテンション。

決まった!

木には登らなくとも、気持ちが上る。
シースリーの口コミはしっかりしている