報道の緊急性

大きなニュースが飛び込んできた。1つは5輪開幕であり、1つは中国船による接続海域侵入である。

平和の象徴的なイベントの裏で、安全保障のニュースな出来事が起きた日だった。

私が視聴したニュース番組は、9:1でオリンピックの話題が報道された。

今のマスコミ報道の姿勢のままでいいのでしょうか?という疑問が頭をよぎりました。

オリンピックで日本人が浮かれている間に、海警船が7隻と230隻の行船団が日本の領海に侵入しようとしている。こういう考えもできると思います。先日は、北朝鮮のミサイルの着弾問題が、起きたばかり。今日本の置かれている安保環境は、楽観視できるレベルにあるのでしょうか?

ミサイル関連の報道もあまり時間が割かれていないように感じました。しかし、北朝鮮のミサイル実験は失敗する時もありました。こんかいのEEZ着弾のミサイルが、万が一日本の領土に落ちて、実害を出していたらどうなったでしょう?完全に反撃に出ることになるはずです。

ミサイルを撃ち込まれて、それでも「会話や対話で解決を」なんてことを主張する人はいるのだろうか?正直そんな悠長な事態ではないと思います。まさに、戦争勃発するような出来事だと思います。

まさかこんなことを想定する日が来るなんてことを考えたことがあるでしょうか?

売れない・視聴率にならないからと言う理由で、こういう重大なことの報道が後回しになる、今の日本ってかなり危険な気がします。治安が良いというのはあくまでも国内事情でしかない。

なんとなく平和と勘違いしてしまっているのは、単なる希望的なものでしかないのです。
名古屋の脱毛がいい感じ